小麦ふすま、パンミックス、ミックス粉の通販 - 素材舎

»トップページ
桑名もち小麦、小麦ふすま、パンミックス、ミックス粉の通販 - 素材舎 - 株式会社保田商店

2015年!今年も収穫祭の季節がやってまいりました!

イベントの詳細&参加申し込みそれぞれのバナーをクリック!
2015年桑名もち小麦収穫祭
 桑名もち小麦収穫祭in青山

銀座松屋にOPENした、アンデルセンさんの国産小麦にこだわった新ブランド「BREAD STORY(ブレッドストーリー)」に桑名もち小麦が!

◆「もち小麦の山型トースト」や「もち小麦ロール」も!

アンデルセン松屋銀座店是非、ご賞味ください!
9月5日の金曜日、銀座松屋さん地下にアンデルセンさんの国産小麦にこだわった新ブランド「BREAD STORY」がオープン! その中に「桑名もち小麦」を使ったパンもラインナップされておりますので右のニュースリリースをご覧ください。
是非銀座にお越しの際には、「桑名もち小麦」を使ったパンをお召し上り下さい〜♪

⇒アンデルセン「BREAD STORY松屋金座店さん」のページへ>>

第三回全国お宝食材コンテスト生鮮食品部門で入選

◆「桑名もち小麦」が応募総数405品の中、24品の選定品に選出!

雑誌「料理通信」主催のコンテストでと高評価をいただきました。

料理通信の紙面の様子下記の方々に試食していただけただけでも光栄です!
「もちのように粘る小麦」との総評をいただきました。
・ 「鎌倉惣菜」 阿部 剛シェフ
・ 「かんだ」 神田裕行料理長
・ 「日本総研究所」 田嶋 亨さん
・ フードジャーナリスト 向笠千恵子さん
・ 「トシヨロイズカ」 鎧塚俊彦シェフ
料理通信オンラインはこちらから>>
第三回全国お宝食材コンテスト結果はこちらから>>

⇒桑名もち小麦パンミックス粉はこちらから>>
⇒桑名もち小麦特設ページはこちらから>>

桑名もち小麦発売開始 桑名もち小麦「試作用元気パック」の詳細&購入はこちらから

小麦ふすま、別名「小麦ブラン」

◆テレビで「小麦ふすま」が取り上げられ大好評です!

2010年8月13日に日本TV系列で放映の「寿命をのばすワザ百科」で

ふすまクッキー「寿命をのばすプラン ふすま クッキーダイエット」

というコーナーの中で小麦ふすまが取り上げられました。
■当日放送されたレシピはこちらのブログに掲載しました。
  ⇒「ふすまクッキーダイエットレシピ」はこちら>>
店長保田その後、多くの方からの注文が相次いでおります。ふすまも魅力を知っていただけ、体験していただけることを本当に嬉しく思っています。
安心・安全の「有機ふすま」で、おいしいクッキーを作ってください。
Twitter(@sozaiya)では「パンは焼けないの?」などの質問を頂いておりますが、今はまだ成功したレシピはありません(苦笑)。ですがチャレンジはし続けます!

素材舎が近年力をいれているのが「小麦ふすま(小麦ブラン)」です。

小麦ふすまとは小麦粒の表皮部分。小麦粒からふすまと胚芽が取り除かれた(精製された)ものが「小麦粉」。小麦ふすまには食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、 銅などの栄養成分が豊富に含まれています。

日常の食生活では摂取しにくい穀物由来の食物繊維を50%も含んでおり、他にもカルシウム・鉄・マグネシウム・亜鉛などのミネラルもバランス よく含んでいます。

また、小麦ふすまに含まれる食物繊維は主に「セルロース」と「ヘミセルロース」という種類のもので穀物に多く含まれています。これらの食物繊維は便秘予防、大腸がん予防の効果が あるといわれていて、同時に日本人に不足しがちな栄養素でもあります。

  

食物繊維は、体の構成成分やエネルギー源にはならないため、以前は役に立たない食べ物のかすといわれてきましたが、現在では、「第6の栄養素」といわれるほど、その働きに注目があつまっています。

小麦ふすまはシリアルとして、朝食に食べられるようになっただけでなく、最近では、食パン、クッキー、ドーナッツなどに混ぜて利用されるようになりました。


素材舎では、日本初の有機JAS認定小麦ふすまを取り扱うことができるようになりました。

店長自身が製粉工場まで出向き、目で見て確かめて、取り扱うことを決めました。小麦ふすまを日常の食生活に取り入れている方には、ぜひ「有機JAS認定」という安心・安全・高品質を手に入れてください。


有機JAS認定小麦ふすま
有機JAS認定小麦ふすまはこちらからどうぞ!

メディア掲載

その他メディアでも紹介されました。

2011年2月16日 メーテレ「どですか!」
2011年2月16日 メーテレ「どですか!」放映

2011年6月21日 メーテレ「どですか!」
2011年6月21日 メーテレ「どですか!」放映

2011年6月6日 中日新聞
2011年6月6日 中日新聞掲載

2011年7月4日 CBCラジオ「多田しげおの 気分爽快!!〜朝からP・O・N」

桑名もち小麦、食物循環活動

桑名もち小麦の活動では、地産地消はもちろんの事、桑名もち小麦を無駄なく使う為に、収穫の際に出る藁や、小麦粉にする際に出る「桑名もち小麦ふすま」を、桑名市にある武藤牧場さんに飼料として牛の餌として利用してもらってます。
それを食べた牛の堆肥にて「桑名もち小麦」が育つ栄養とさせてもらって、桑名市内を出ることなく「食物循環」を実現しています!
地産地消だけでなく、環境にも優しい「桑名もち小麦」であり続けたいです。

<桑名もち小麦ふすま>

<桑名もち小麦ふすまを、武藤牧場さんの牛に食べて頂く>

<牛糞を堆肥にして、桑名もち小麦の畑に利用>

保田商店オンラインショップ「素材舎」へようこそ


食材プロデューサー 保田與志彦
食材プロデューサー
保田與志彦

始めまして、小麦ふすま、パンミックス、ミックス粉の通販ショップ「素材舎」 店長の食材プロデューサーの保田です。

ご家庭でパンやクッキー、ケーキを手作りされる方が増えています。

ブログやレシピ投稿サイト等でも、HB(ホームベーカリー)、HM(ホームメイド)といった略語まででてきています。

巷(ちまた)には、安価なパン、おいしいパンなど
いろんなパンが簡単に手に入るのに、

どうして手作りが流行っているのでしょうか?

楽しいから、出来立ての美味しさ、だけじゃなく、
それは食の安全が揺らいでいることも原因のひとつではないでしょうか?

添加物なども心配ですが、原材料そのものの信頼も崩れています。

保存料などを使わずにすむ手作りで、目に見える安心な食べ物を。

そんな想いだからこそ、

無農薬、オーガニックと言われる原材料も注目されてきています。

しかし、

農薬を使わない、

有機農法で作られているものであるのはもちろんなのですが、

中には自称「有機」商品、名ばかりのものもたくさん存在しています。

素材舎は、食品卸として5代にわたる古くから食品に関わらせいただいており、メーカーとの繋がりも深く、最新の商品情報なども豊富に知ることができる立場にあります。

近年、食の安全性が注目されており、国産や外国産のオーガニック商品など安心出来る商品の量も取り扱いを増やしております。安心出来る食材確保の為工場の視察を行ったり、地元の農家と連携を深め、地産地消の活動も展開しております。

Copyright © 2010 株式会社 保田商店. All Rights Reserved.